自身の禁煙達成を元に、喫煙のデメリットに禁煙[断煙]のメリット、他あらゆる禁煙からの【副産物】をご紹介!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元より歯や歯茎の具合が良かったわけではなかったものの
歯茎からの出血は何故か極めて少なかった・・・・・

禁煙を始め1ヶ月も過ぎると、どんどん歯茎の色も、血色を
取り戻し、うっ血した様な赤暗色から綺麗なピンク色へと嘘の
様に
変化していった。
それは、ほんとに嘘の様にという表現がピッタリなくらい、劇的
な変化
でした。


[頻発する歯茎からの出血]の続きを読む
スポンサーサイト
禁煙開始から半年が過ぎ、流石の一本お化けもそろそろ影を潜める
ようになった頃、禁煙生活も格段と楽な状況を向かえ、周囲の人との
会話で問いかけられる禁煙に対する質問や、称賛によって、達成感
味わう機会が多くなっていた。

過去の記憶に宿る、喫煙パターンとなる生活場面に於いても、いよいよ
タバコが無い事に対する虚しさや、寂しさすら感じる事さえなくなりつつ
あるあの頃、日常生活の中で実に印象深い思いが残っている。

[ヒヤリハットな夢の話し]の続きを読む
長らく更新をサボってしまい、もう禁煙から3年が過ぎ、私が禁煙する
きっかけとなった、あの強烈な肺癌疑惑体験以降の禁煙記をまったく
ご紹介せぬままなので、もう回想録状態になりますが、私の禁煙記の
あれやこれやを思いつく限りご紹介しょうと思います。

結果シロって事で、晴れて肺癌疑惑から開放された私は、肺癌疑惑
による検査、又検査の期間が3ヶ月に渡ったお陰で、思考の集中が
肺癌一点に集中していたのは、禁煙達成への大きな力となりました。


[追いすがる【一本お化け】]の続きを読む
社内健康診断の胸部X線検査結果で有難く頂く事となった異常陰影による要精密検査という

厄年の私にとって、スルー出着ない結果通知に端を発する肺癌疑惑から、既に3ヶ月が過ぎた

2005年2月7日(月)、異常陰影に対する経過観察となる再CT検査のこの日

完全に異常陰影が消失していれば、晴れて"シロ"となり無罪放免、肺癌という呪縛からの

開放を果たす事となるのだが・・・・・・
[肺癌という呪縛からの開放]の続きを読む
2004年11月8日に社内の健康診断結果より、胸部X線で"異常所見有り"とされ

翌週の11月15日(月)に気管支鏡検査を受けてから、癌や結核などの重い病気で

在るか否か・・その検査結果が出るまでには約1ヵ月を必要とした。


気管支鏡検査の結果は2004年12月13日(月)

ここに至るまで待ちにまった1ヶ月、肺癌で頭の中は充満状態

ある意味、かなりの肺癌"ツウ"となっていた・・・・・・(苦笑

肺癌というその大きなパワーで依然禁煙は続いていた。
[人生の崖っぷち(気管支鏡検査結果)]の続きを読む
待ちに待った・・??大病院での気管支鏡検査

そら恐ろしい検査で、まず気管への局部麻酔を施し、気管から肺胞へ

リアルタイムに確認出来るよう、X線照射をしつつ、太さ6mm程度のビデオ内視鏡を

喉から気管支、そして肺胞へと通していき、異常陰影のある部分へと導く

異常陰影のある部分に到達すると、そこでビデオ内視鏡にて直接確認もするのだが

最たる目的は検体の採取(小さな肉片?)、でその検体を病理検査するというもの。
[恐怖の気管支鏡検査]の続きを読む
CT検査のフィルム待ちの時に吸った煙草以来、頭は腫瘍影で充満状態のまま

これを期に煙草を辞めようと固く自分に言い聞かせ、その日の子供達の七五三祝いを済ませ

それ以後、肺癌に対する恐怖心の力を借りつつ、禁煙を続ける事となった。
[いざ大病院へ・・・]の続きを読む
それは忘れもしない2004年の11月8日(月)の仏滅・・・・・・・・

前の月に社で受けた健康診断の結果が手元に・・・・・・・・

まッ、いつものように中性脂肪あたりが少々高め程度で、他はバッチリと思いきや?

ところがドッコイ"胸部X線にて所見あり"要精密検査・・・ヌヌッ・・・・

で、詳細蘭には、"結節影"・・・とある

何らかの影があったようだが、恐らく単純なX線撮影だけに

誤写で光でも入ったんじゃ・・・? その程度に考えつつその日は帰宅。
[恐怖の健康診断結果]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。