自身の禁煙達成を元に、喫煙のデメリットに禁煙[断煙]のメリット、他あらゆる禁煙からの【副産物】をご紹介!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、出かける前のトイレで一服、又はトイレに入る直前に一服・・・・・・・・
そして今日もスムーズな排便を済ませてお出かけ・・・・・

そんなふうに喫煙と生活リズムが見事にマッチされてる方、結構多いのでは?
私も喫煙者であった頃、この通りの調子で、タバコ快便のアイテム
しておりました。
環境が変わる旅先なんかじゃ特に、便秘がちになり易い部分を補う、必須
アイテム
として、タバコは大きく君臨してました。

[タバコに頼る排便のツケ]の続きを読む
スポンサーサイト
喫煙の際、煙の通り道になる呼吸器は、あらゆる有害物質の影響に曝される為、

喫煙による被害を直接的に受ける事になります。

慢性気管支炎・肺気腫の殆どは喫煙が原因とされており

同時に呼吸機能が低下する亊で知られています。

また喫煙は肺癌のリスクも著しく高めることで知られています。



[喫煙が呼吸器に与える影響]の続きを読む
ニコチンが精神作用に影響を及ぼす事については、他でもご紹介させて頂きましたが

このニコチン、自律神経・中枢神経・骨格菌に作用をするとされています。

自律神経に作用すると、心拍数の増加、血圧の上昇、末梢血管の収縮の起因となります。
[ニコチンが自律神経に与える影響]の続きを読む
煙草には4000種類以上の化学物質が含まれており、これら化学物質の中で

人体に有害と判明しているものだけで200種類を超えると言われています。


中でも特に有害として重要視されている【ニコチン】【タール】【一酸化炭素】

について。ここではご紹介させて頂きたいと思います。
[煙草に含まれる有害物質]の続きを読む
妊婦の喫煙によって、その胎児はさまざまな影響を受ける事が知られていますが

煙草の常用性から、禁煙を実現出来ず、こうした影響の認知度の高さに反比例し

約10%の方々が妊娠しても煙草を吸い続けているというのが実情のようです。

新生児に対する最も大きな影響は低出生体重で子宮内発育不良や未熟児出生を

しばしば伴うようです。
[喫煙が妊婦に与える影響]の続きを読む
皆さんもどこかで耳にした事がある、喫煙指数事、"ブリンクマン指数"

1日当りの喫煙本数×喫煙年数
によって求められる指数、私もCT検査で

異常陰影があり、癌の疑いをかけられた折にすかさず担当医に質問されて

ひとつの目安とされたのを覚えています。
[ブリンクマン指数]の続きを読む
喫煙者本人のみならず、周囲の非喫煙者にも大きな影響を及ぼすのが

"受動喫煙"又は"環境煙草煙"と呼ばれるものです。

家族間・配偶子としての関係等、身近な者に喫煙者がいる場合

こうした"受動喫煙"と呼ばれる影響を受けると、肺癌リスクに関しては、女性で20%

男性で30%程度のリスク上昇がみられ、職場における"環境煙草煙"においては

12%~19%程度リスクの上昇がみられるとされています。
[受動喫煙]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。