自身の禁煙達成を元に、喫煙のデメリットに禁煙[断煙]のメリット、他あらゆる禁煙からの【副産物】をご紹介!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元より歯や歯茎の具合が良かったわけではなかったものの
歯茎からの出血は何故か極めて少なかった・・・・・

禁煙を始め1ヶ月も過ぎると、どんどん歯茎の色も、血色を
取り戻し、うっ血した様な赤暗色から綺麗なピンク色へと嘘の
様に
変化していった。
それは、ほんとに嘘の様にという表現がピッタリなくらい、劇的
な変化
でした。


以前からの私の歯の具合はというと、差歯が時折取れる事は
あっても、虫歯が増えるわけでも無く、当然痛みが伴うわけで
も無く、これといった不具合も感じてはいなかった。
ただ、通う歯医者で歯周病の兆しが・・・・・・という事を前々から
言われており、喫煙中の最後に行った折には、歯周ポケット
2~3mmの部分が数箇所みられる・・・・・と指摘され、気になり
つつあった。

禁煙から3ヶ月が過ぎ、歯茎の色も完璧なまでに血色を取り戻し
嘘のようなピンク色を取り戻した頃、どういうわけか歯茎からの
出血が頻繁に起こるようになっていた。

半年も過ぎた頃には、毎朝、歯磨きの度に出血・・・・・
夜、入浴時の歯磨きの折にももちろん出血・・・・・・
歯磨きに関わらず、食後に爪楊枝を使った折にも大出血・・・・・
"もう、どんだけェ~"との私の独り言に、嫁も苦笑する始末(ーー;)

そんなこんなで禁煙半年から1年になる頃、久しぶりに行った
歯医者で、禁煙の事、歯茎からの出血の事、あれこれ聞いてみた
ところ、先生曰く、"禁煙で歯茎が活性化してる証拠やね"との事
前回歯医者にかかった折に言われていた、歯周ポケット(2~3mm)
の影響もあって、血行が正常化した歯茎なら、出血し易くて当たり
前らしい・・・・・・・

つまり喫煙してなきゃ、これが正常な状態・・・・・・?って事らしい。
皮肉なことだが、喫煙してた"おかげ"で、歯茎が血行不良を起こし、
歯周病の進行が判り難かっただけの事。
ここに至って、実に虚しい現実に直面したわけである。

もっと早く禁煙しときゃ良かった・・・・・としみじみ考えさせられる一件
でありました。
皆さん、禁煙するなら早ければ早い方が、歯茎の為にも良いですょ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smokeless7.blog43.fc2.com/tb.php/68-a1ec68c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。