自身の禁煙達成を元に、喫煙のデメリットに禁煙[断煙]のメリット、他あらゆる禁煙からの【副産物】をご紹介!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自律神経失調症状により強い不安を感ずる、このパニック障害・・・・・・・・
不安障害を引起す神経症には、パニック障害社会不安障害強迫性障害
といろいろあるが、これら不安障害の中でも喫煙率が最も高いと言われている
のがパニック障害である。

そのプロセスはと言うと、こうである・・・・・
ニコチンを摂取すると、不安解消に向けた作用が働き、ニコチンが切れた状態
となり、禁断状態となるに従い、不安感を引起す作用があるようです。


パニック障害患者に対する、医療機関による調査報告からすると、喫煙者
非喫煙者と比較した場合、その不安感広域恐怖が強く、マイナス思考
強く働きかけるようです。

又、パニック障害の症状も悪化させ、その予後に対しても悪い影響を与える
事が報告されているようです。
この事から、喫煙期間、喫煙本数に関わるブリンクマン指数が高くなれば
なるほど、この影響は強いようです。

パニック障害に苦しむ方、自律神経失調症状による不安障害なだけに
禁煙する事に対しても、その禁断症状に対する不安などから、困難であると
諦めがちかも知れませんが、間違いなく言える事は、非喫煙者の方と違い
パニック障害から脱却する足がかりがここ(禁煙)にあるという事を念頭に
大きなチャンスと考えて欲しいもんです。

パニック障害以外にもあらゆる弊害を及ぼす、この喫煙
禁煙達成すれば一石二鳥にも三鳥にも・・・・・・・
どう転んだって良化方向にしか転ばないのは周知の事実
パニック障害に苦しまれてる方、是非とも禁煙実行をお奨めします!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smokeless7.blog43.fc2.com/tb.php/69-c6011346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。